ハンス

概要

 S.フロイトが初めて子どもの精神分析治療を行った例です。症状発生時ハンスは5歳でした。
 欲動と抑圧と不安の置き換えによって、父親への恐怖感情を馬にかまれる恐怖として動物恐怖を呈したものです。

原因

 小さな男の子がお母さんに愛着を抱き、その結果父親を邪魔者と感じたのが恐怖症の中心的な原因とされます
 少年がこのような気持ちを抱くのは、かなり一般的にみられる現象であり、フロイトは後に「エディプス・コンプレックス」を定式化しました。

その後への影響

 この症例は子供の神経症の詳細な分析例としてはおそらく初めてのものです。
 A.フロイトやM.クラインが、児童を対象とした精神分析の発展の際に手本にしました。